美白

おすすめの施術

レーザートーニング

レーザートーニング

最新の肝斑治療技術であるレーザートーニングは、広範囲に弱いパワーでレーザーを照射するため、刺激が少なく、メラノサイトを活性化させることなく、メラニンを排出させることが可能な最新レーザー治療です。

トリニティプラス(RF+IR)

トリニティプラス(RF+IR)

トリニティプラス(RF+IR)はシミ・くすみだけでなく、赤ら顔やニキビ跡など様々なお肌の悩みにも対応し,術後数日で実感できる即効性が高い施術です。ダウンタイムもない施術ですので、腫れや痛みもなくお帰りはメイクをしてお帰り頂ける点、施術後数日で実感できる即効性も高い評価を頂いています。

水光注射

水光注射

水光注射を用いて、ヒアルロン酸と、23種のアミノ酸、還元成分、各種酵素などの活性カクテルを皮膚表層に注入します。

その他の施術

高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法

ビタミンCは抗酸化作用が強く美肌、美白作用、抗にきび作用など女性のエイジングケア対策に必須です。しかしビタミンCの効能はそれだけでなく、自分の悪い生活習慣からくる傷害の回避や現代社会の抱える多くの問題の解消にも効果があるのです。

適応

  • 栄養補給による美白

グルタチオン点滴

グルタチオン点滴

活性酸素や食品添加物などの有害なものから体を守ってくれるグルタチオンは、体内で作られていますが、年齢と共にその産生が減少します。グルタチオンが減少すると肌荒れや代謝の低下、疲労や肝機能低下、そして老化などを進行させる可能性があります。グルタチオンの補給は、これらの予防や改善、そしてエイジングケアのためにとても大切です。

適応

  • 栄養補給による美白

クイック点滴

クイック点滴

クイック点滴は、不足がちな成分について、有効性と安全性を考慮した上で、調合しています。医師のアドバイスをもとに、ご自分で体調を考えながら選ぶ事が可能です。

適応

  • 栄養補給による美白

フラクショナルCo2レーザー

フラクショナルCo2レーザー

点状に照射するフラクショナルCo2レーザー光のパワーが、加齢肌の再生を促し、タイトニング効果も加わって、若い健康肌を生み出します。皮膚の自己再生能力によって肌が修復され、治療を数回繰り返すと皮膚は入れ替わり、新しいお肌がよみがえります。

適応

  • 栄養補給による美白

高性能イオン導入

高性能イオン導入

有効成分を真皮まで浸透させる高性能イオン導入器機を使用し、患者さまの症状に合わせて高濃度ビタミンCや各種アミノ酸のなどを深部まで届けます。

適応

  • 栄養補給による美白

美白とは

化粧品などでうたわれる「美白」とは、いったいなんでしょうか。薬事法では「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」「日やけによるしみ・ そばかすを防ぐ」とされています。肌を漂白するのではなく、普段から「しみ・そばかすをできにくくする」のが美白の本来的な意味と言えるのです。

種類と症状

紫外線防止による美白

日焼け止めを塗布することにより、紫外線を防ぐ美白です。紫外線は1年を通して降り注いでおり、曇りの日や冬でも日焼け止めを使うことが大切です。夏など汗をかきやすい季節は、こまめに塗り直すことも大切です。

メラニンを作らせない美白

しみの原因となるメラニンを作らせないようにする美白もあります。コウジ酸やアルブチンなど、美白効果が期待できるとされる成分を配合した美白化粧品によるケアが中心となります。スポット的に使用するのではなく、継続的に使用することが大切です。

栄養補給による美白

お茶や食品、サプリメントや点滴などでビタミンCを摂取することも美白に役立ちます。ビタミンCやグルタチオンには抗酸化作用があり、紫外線によって発生した活性酵素を取り除き、皮膚を守る効果が期待できます。継続的に摂取することで、これからできるシミをできにくくすることができます。

美白を意識したい箇所

美白を意識したい箇所 顔

美白のために日々気をつけたいこと

美白成分はこれから作られるメラニン色素を減らすためのも。できたシミを消すものではありません。美白成分配合の化粧品で予防的なケアをしながら、食事でも抗酸化力を高めていくことが大切です。美容内科でのケアも併せれば、自分ではなかなかケアしきれない部分も補うことができます。

ページのTOPへ移動します。